ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

    f:id:peraichikun:20190105020429j:plain f:id:peraichikun:20190105020439j:plain

ロマンス

クリスマスの思い出

クリスマスが終わった・・・ ここ数年、すっかり一人で過ごすのが定番になってきてしまった。でも俺だって、クリスマスの思い出くらいはある。 あれは確か7、8年前のクリスマス。当時、片思いだった年下の女の子を横浜デートに誘った。 みなとみらいの観覧…

クリスマスイブじゃけど

「♪ クッリスマスがぁ~ ことしもぉ~ やってくるぅ~」今日はマルオがやたらとうるさい。「トミーさん、back numberの クリスマスソングって どんなんじゃったっけ?」 「忘れた・・・」トミーはぶっきらぼうに答えている。今日は、クリスマスイブ。東京ド…

残念会

ハァ~~・・・ 思えば、アンナに会うまで、恋自体からも大分遠ざかってたから、失恋するのも久しぶりだ・・・ こんなに辛かったっけ・・・アンナの彼氏は、俺と同い年のサラリーマンだった・・・お金もあって・・・海外勤務か・・・それに引き換え、俺は金…

5日前

年甲斐もなく落ち込んだ。久々に見つけた恋・・・もうどうしようもなく恥ずかしくて、辛くて・・・この気持ちを整理するのに時間がかかった。5日前、アンナの誕生日会でアンナがバイトを辞めると聞いたとき、突然のショックと同時に、辞めることを知らされ…

マジなの?

今日の夜は、かなり落ち込んだ。マジかよぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!なんで?????アンナがバイト辞めるって・・・今日はアンナの誕生日会として、バイト終わりにみんなで居酒屋に集まって大いに盛り上がっていた。俺は、どうしてもその日中にアンナの…

キメてみた

いよいよアンナの誕生日が迫ってきた。どーしよ。喜んでくれるだろうか。でも、当日、アンナはバイトに入っていて、バイト終わりに、大学生たちで誕生日会と称した飲み会をやるらしい。くそ、いらんことしやがって・・・アンナにプレゼントを渡すタイミング…

ジェラート・ピケへ、いざ行かん

カサハラの一言で、アンナへのプレゼントは「ジェラート・ピケのルームウェア」に決まった。 ネットで買おうかと思ったが、アンナの誕生日までの日がない中、商品が届くまでどれだけ時間かかるか分かんないし、なにより、俺は、実物を見て触って買いたい派。…

何が欲しい?

ハァ・・・アンナへの誕生日プレゼントが未だに決まらない・・・ 今まで女友達や彼女にあげたものは、大体微妙な反応だったし・・・たぶん、プレゼントを選ぶセンスがないんだよなぁ・・・ アンナとは年も離れてるから、最近の女の子って、どんなものあげた…

やることなすことイケメン

「聞いてよー。 こないだボーリングでタクマがさぁ」休憩中、アンナの声が聞こえたので、休憩室に行くと、トモコ、そしてタクマが話している。俺は部屋の外から必死で聞き耳を立てるが、内容は所々しか聞こえない。 「いや、だから滑ったんだって!!」タク…

サンシャイン デート

この前、服を選んでくれたお礼と称して、アンナを食事に誘ったところ・・・「え?いいんですか~? ありがとうございます~!!」ヤッタ!!!でも、普通の居酒屋でいいのかな?でも汚い居酒屋とかじゃぁ、雰囲気出ないし・・・おれ、アンナよりかなり年上だ…

無理してでも

今日はバイトが早番で夕方に上がれることになっている。丁度アンナも今日は夕方で上がる。どっか行こうって誘いたいな・・・。この前、服を選んでもらった時も、お茶でもしようと思ったんだけど、アンナ、用事があって急いでいる風だったから、結局、そのま…

初デートと言っていいんでしょうか?

今日は、待ちに待ったアンナとの初デート。まぁ、服を選んでもらうだけだけど。 いや、ショッピングも立派なデートだ! アンナの学校が終わる夕方に水道橋で待ち合わせをする。「お待たせしました~」 「おつかれー。わざわざ、ありがとね。」アンナが、自然…

バリバリ働くけぇ!

「ワシ、別れました!」どうやらマルオは、2か月、付き合っていた彼女と数日前に別れたらしい。しかし、マルオからは全くと言っていいほど、悲壮感というものは感じられない。「よーし!!今日も稼がんにゃ~~!」それどころかいつもより元気に働いている・…

ショッピングのお誘い

うあああああ。もうダメかもしれない。タクマ、イケメンだしなぁ。やっぱイケメンの方がいいよなぁ、若いし・・・。 っていうかありえん!くそーーータクマめ、裏切りだろ、これ!!! そう最初は怒りに震えた俺も、なんだかタクマの全く悪気ない感じのせい…

ライバル宣言

最近、タクマの様子がどうもおかしい。この前、行ったカラオケくらいからだろうか・・・。もしかして、タクマはアンナのことが好きなんじゃないだろうか。俺の恋の相談に乗るフリをして・・・もしそうだとしたら・・・俺はそのことを考えると夜も眠れなくな…

両思いでした

秋田出身の大学2年生トミー。彼女がいると豪語していたが、実は2次元の彼女だったことが発覚。しかし、そのトミーが彼女ができたと浮かれている。 「いや、どうせまた2次元だろ・・・?」 「いや!違いますって! ちゃんと告白したんですって!」相手は、バ…

恋愛マスター

あ、アンナが来た・・・。「ぺらいちさん、おはようございます」 「あ・・・、お、おう」ハァ・・・またやっちゃったよ・・・。 昔から好きな子ができると、妙に意識しすぎて、話しかけられなくなってしまう。逆にあちらから話しかけられても、緊張して、ぶ…

ディズニーランドのハードル

出勤して早々、女子大学生のトモコが笑顔で俺の方へ駆け寄ってくる。 「ぺらいちさん、 一緒にディズニー行きません?」「え?いいけど。誰がくんの?」「え、私ですけど・・・」「はい?」「あ、別にムリに じゃないんですけど」 ディズニーといえば、恋人…

日本シリーズのチケットゲット!!!

少し遅くなったけど・・・広島東洋カープのクライマックスシリーズ(CS)優勝おめでとう!!!!!カープファンとして、これほどの喜びはないっ!間近で、生で、その瞬間を、好きな人と・・・応援できてたらなぁ・・・ ・・・そうだ!日本シリーズ!観に行こ…

記念すべき初デート

昨日の記事を読んで頂いたみなさんはもう、お察しかもしれませんが、最近、気になる子ができた。この俺にも、やっと春がきた・・・!!とはいえ、まだ付き合ったりとかいうにはほど遠く、ただ気になっただけなのだが・・・それでもここ5、6年、彼女どころか…

泥沼へ

俺の隣で大学生たちが話をしている。「おまえ彼女と まだ付き合ってんの?」「はい、付き合ってますよ」「結婚すんの?」「いやー、結婚は・・・ どうなんですかね」「おれは25までには 結婚したいなぁ」「たしかに。30過ぎたら もうヤバい感じするよね~」…

もうバレてるのに

バイトの大学生カサハラは、同じく大学生のモッチャンと付き合っている。そのことはバイト先のほとんどの人が知っている。度々、お互いの家の合い鍵を渡しているのも目撃されており、二人が付き合っていることは、周知の事実。 だが、当の本人は、まだ気づか…

おっさんずラブ

「オノちゃん、ちょっといい?」急に何だろう。休憩室についていくと、重々しい表情をした店長が椅子に座っている。 「頭痛いから、 ちょっと肩揉んでくれない?」「いいですよ」昔から母親の肩をよく揉んでいたのもあって、腕にはそこそこ自信がある。「い…

誕生日プレゼント

大学生のトミーがふいに聞いてくる。「今、彼女の誕生日プレゼント 考えてるんですけど、ぺらさんが 今まで彼女にあげたもので、一番 喜ばれたものってなんですか?」「えー?一番喜ばれた物? 大体喜ばれてると思うけどな~。 えーと、俺があげたのはね・・…

もしかして俺の事・・・

バイトの19歳専門学生のレイナがふいに照れくさそうに話しかけてくる。「あのぉ、ぺらいちさんって… 30歳ですかぁ?」「いや、32」「あの~、一回りくらい離れた 女の子ってどう思いますぅ?」「ん?何が?」「いや・・・好き、 とか言われたら・・・」こ、…

泊めてもらえない?

この前、深夜、家でゴロゴロしていると、エリという、以前働いていたパチンコ屋のバイト仲間から電話がかかってきた。「今日泊めてもらえない?」どうやら飲み会の後、終電を逃して家に帰れなくなったらしく、歩いて行ける距離に住んでいる俺に連絡してきた…

鼻筋シュッ

休憩中、向かいに座っている女子大生トモコがいつになく見つめてくる。「なんだよ。ジロジロ見んなよ」俺は照れを隠すために、ぶっきらぼうに言う。「ぺらいちさんって」「なに?」「鼻筋すごいシュッとしてますよね。」 「・・そうか?」「すごい羨ましいで…

男らしさアピール

「う“~~んん」 新入生の中で一番可愛いと評判の大学生マリが棚の上のグラスを取ろうと、小さな体と手を思いっきり伸ばしている。 しかし、全く届かず、今度は踏み台を持ってきて取ろうとするが、それでも届かない。 「ぺらいちさぁ~ん、取ってくれません…

俺の将来性

俺がまだ県内有数の進学校に通う高校生の頃文化祭で知り合った学外の女の子に告白された。その子は、そこまでブスというわけでもなく、女子高に通う普通の女の子だった。正直タイプではなかったので、断り続けていた。「俺のどこがいいん?」「う~ん、全部…

恋の始まり!?

店長から面接で言われた通り、周りのスタッフは、自分よりも一回りも年下の18、19歳の大学生ばかり。男は若すぎて話も合わないし、ましてや女の子たちは年が離れすぎていて恋愛対象には見れない。しかし、いつものように出勤すると、見慣れない一人の女性が…