ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

学歴なんて関係ねぇって

そんなのいいから、
静かに寝かせてくれ・・・。

 



休憩室で寝ていると、大学生たち4~5人が
話している。
彼らの喋り声は、とにかく大きい。

「やっぱ就活って学歴影響するよね~」

こっちはクタクタでちょっとでも寝たいのに。
うるせぇなぁ。
だいたい、学歴なんて関係ねぇって。
そのまま腕を組んで、目をつむり眠ろうとする。


f:id:peraichikun:20180823232140j:plain

「でもさぁ・・・、この店で学歴トップってだれ?」
「ツジタじゃね? 法政」
「いや、オノさんでしょ?」
「え? どこなん?」
「たしか、横浜・・・」
「・・・市立?」

市立じゃねーよ。国立だよ。
まぁ大したことないけど・・・。

ここで起きたらなんだか小恥ずかしいので、
そのまま寝たふりをする。

「そうだ! 横浜国立だったよ」
「え? まじ!? すっごーー!!」
「じゃあ、オノさんがトップかぁ~。頭いいな~」

・・・しょうがない。
寝たふりも疲れたし、そろそろ話に加わるか。

「いや、いたわ、前に。東大のヤツ、いたわ!」
「まじ!?」

学歴なんて関係ない・・・うん。

f:id:peraichikun:20180823232148j:plain

俺は、寝たふりを続けた。