ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

32歳フリーターの憂鬱

バイトの休憩所で大学生たちが年齢
の話をしている。

「新しく入った子なんて18歳だよ?」
「そりゃそうでしょ。この前まで高校生
 だったんだから」
「いいなぁ~。20歳になっちゃったよ
 ~、やだよぉ」
「10代、あっという間だったよな~」
「俺なんか22だよ。もうおっさん」
「ですね~、あはは」

若僧どもめ。22歳でおっさんだと。
じゃぁ、32歳の俺はじいさんかよ。

 

f:id:peraichikun:20180929005720j:plain

 

「ところでさ、店長っていくつぐらい
 なんだろ」
「おまえ知ってる?」
「さぁ・・」
「ぺらいちさ~~ん!店長って何歳か知ってます?」
おいおい、俺に話を振るな。
「・・・40、くらいじゃない?」

俺は一言喋って食事に戻ると、
大学生たちはまたしゃべり出す。

「あぁ、まぁ店長はそんくらいかぁ」
「でも、結構なおじさんですね」
「店長だし、まぁそんくらいの歳が普通
 じゃない?」
「じゃぁ、ウチダさんはいくつ?」
「知ってる?」
「さぁ・・・」
「ぺらいちさ~~ん!ウチダさんって
 いくつですか?」

ウチダさんは社員の一人で、
次期店長候補といったところだ。

「ウチダさんは・・・28だったかな。」
「え~~~!!!」
「結構おじさんだね~。」
「まぁ社員だからね」
「でも、28歳で次期店長候補かぁ〜」

ハァ、頼む・・・
このまま年齢の話、終わってくれ。
社員より年上でまだ大学生と同じ時給で
バイトしてるなんて・・・。
俺は、なるべく存在感を消しながら
ご飯を黙々と食べる。

「あれ?・・・そういえばぺらいちさん
 っていくつなんですか?」
「んゴフぉっ!ゴホッゴホッ」

くそお、結局俺んとこくんのかぁ。

「ん、おれ、は、・・・32」
「え?」
「・・さんじゅうに」
「え?いくつです?」

この・・・何度も言わすなボケェ!

 

f:id:peraichikun:20180823232259j:plain

 

「サンジュウニ!」
「え“~~~~~~~~~~!!!!」
「まじっすか!ぺらいちさん
 32歳かぁ~」
「え?うそ!ぺらいちさん32?!!」

あ~もう、そんな大きな声で何度も
言い直さないで〜!

「ということは・・・ぺらいちさんは、
 ウチダさんより年上っすか?!」

「え~?なになに~?」
「ぺらいちさんがどうしたって?」

大声を聞きつけて、そこにいなかった
女子大生たちも集まってくる。
はぁ・・・なんでこうなる。

「そうだよ~年下に敬語だよ~、
 あはは」

もう笑ってそう言うしかなかった。

 

f:id:peraichikun:20180929010848j:plain