ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

言いたいッ!!!

f:id:peraichikun:20181013121401j:plain  f:id:peraichikun:20181013120422j:plain



トモコと映画の中の
カッコいいシーンの話になった。
 
「大軍勢に向かっていく前に、
 大将が軍を鼓舞するシーンって
 カッコイイよね」


「あ~わかります~」

俺は久しぶりに見返した映画
【ロード・オブ・ザ・リング】の
シーンを思い描く。

「【ロード・オブ・ザ・リング】のさぁ・・・
 アラゴルンが

 軍を鼓舞するところいいよね」

「あ~わかります!
 アラゴルン、
 カッコイイですよね!」


アラゴルンが敵の大軍勢を前に
怯えきった兵士たちを鼓舞する言葉が
相当カッコイイのだ。
トモコも同調してくれて、
俺の気分も乗ってくる。

俺はアラゴルンの
カッコいいセリフを
言おうと、前のセリフから説明する。
 
「『もしかしたら悪が
 この世を支配するかもしれない、だが・・・』」

 

f:id:peraichikun:20181022002757j:plain


すると、ふいにトモコが、横から入ってくる。

「『それは今日じゃない!!!』
 ですよね~
 かっこいいですよね~」

・・・くそぉ
1番言いたいところを
横取りされた・・・。 

しかし気を取り直して、
その後のさらに
カッコいいセリフを準備する。

「そう!それ!!でさ、
 最後の突撃の前のアラゴルンも
 もっとかっこいいよね。

 アラゴルンがこう振り返って・・・フ」

「『フロドのために』ってやつね。」


「そう!!!」

f:id:peraichikun:20181020011901j:plain

もうっ!!!

なんで俺の言いたいセリフ
全部先に言っちゃうの!
結局、最後まで
俺の言いたかったセリフは
言わせてもらえなかった。