ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

冴えないオジサン

 f:id:peraichikun:20181025004735j:plain  f:id:peraichikun:20181025004750j:plain



平日の昼下がりの出来事。
俺は五反田にある歯医者に行こうと
山手線に乗りこんだ。
すると同時に、男女が乗り込んできて、
ちょうど俺の向かいの席に座る。
男の方は、上下黒のジャージを着た
50代くらいの冴えないオジサン。
そのオジサンに腕を組んで
寄り添っている女の人は、
モデルのような美人で30代前半か、
それより若く見える。

f:id:peraichikun:20181103101850j:plain

(羨ましいなぁ。
 でもこんなオジサンの
 どこがいいんだろ?)

そんなことを思いながら
スマホに目を移してしばらくすると、
目の前のオジサンがふいに叫び声を出す。

「ウオッ!!」

見ると、オジサンが
両手で目の前の何かを振り払っている。
かと思うとバっと立ち上がり、
のけぞったり、
頭をブンブン振っている。

「くそっ、なんだよっ!!!」

オジサンの隣の女の人も
キョトンとしてオジサンを見ている。

(何やってんだ、この人?)

オジサンはやっと落ち着いたかと思うと、
フゥーと息をつきながら座席に戻る。
するとふいに俺の目の前を
黒い影が通過する。

ブーーーーーン

なるほど、どうやら、
ハチのような虫が飛んでいたらしい。
しかも結構大きめ。
俺は、右手でブンっと虫を追い払うと、
虫はオジサンの方に戻っていく。

「うぉっ!」

虫はおじさんの黒色ジャージに
執着するようにまとわりついている。

「ひぃぃっ!!」

ついには、
すっとんきょーな悲鳴をあげ、
慌てふためくオジサン。

「も~なんなんだよ~!」

虫の居場所を見失ったオジサンは
いきなりジャージを脱ぎだす。

(うわ・・ダッセーw)

俺も思わず吹き出して笑ってしまう。
しかし、オジサンがジャージを
女の人に渡すと、そこには、
白のタンクトップから
むき出しになった逞しい腕と、
そこにビッシリと描かれた入れ墨が。

(ゲ・・・マジもんやん・・・)


f:id:peraichikun:20181103101928j:plain


俺は咄嗟にオジサンから目を逸らし、
真顔で静かに座り直すがもう遅い。
視界の隅でオジサンが
女の人に何やら
耳打ちしているのが見える。

(やばい・・・)

「誰だ?笑ってたのは。あいつか?」

そんなことを話しているのだろうか・・・

そこから
知らんぷりして待つ五反田までの
5分間が俺には
死ぬほど長く感じられた・・・。