ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

俺は変態じゃねぇっ!!!

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain  f:id:peraichikun:20181025004750j:plain



俺は変態なのだろうか?

例えば自分の好きなアイドルのライブに
行ったとする。
そこで運良く最前列に座れたとして、
アイドルの汗が飛び散ってきたら、
嬉しいものではないだろうか?
いや、自分の憧れの人だったら、
むしろ自分から浴びに行きたいくらいではないだろうか?
そのことをトミーに何気なく聞いてみる。

「・・・それはないっすね」

「え?」

そこからは完全に変態扱い。

「いや、それはマジ変態ですって!」

「はぁ?俺は変態じゃねー!!!」


f:id:peraichikun:20181106021328j:plain



ウソだろ?なんでだ?
おれがおかしいのか?俺は変態なのか?
憧れの存在だったら、
汗でも何でもかかったら嬉しいでしょ?!

「でも、汗ですよ。」

「うん、ファンなら
 お金出して買っちゃうレベルじゃないの?」

「いや、もはやそれは変質者ですよ」

いやいやいや!
そんなんファンとは言えんだろう!
くそ、誰か俺が変態じゃない
ということを証言してくれ!

と、そこへ通りかかったのはアンナ。
K‐POP熱は冷めたらしいけど、
確かジャニーズも好きだった。
そうだ!
アンナにも聞いてみよう。

「アンナ!ジャニーズ好きだったよね?」

「まぁ、好きですけど」

ジャニーズファンなら俺の気持ちは分かるはず!

「ライブでさ、
 嵐のニノの汗がかかったら嬉しいよね?!」

「・・・?」

アンナはポカンとしている。

「いや、だからさ。
 ニノの汗がもしグッズで
 売ってたら買うよね?!」

「え???キモっ」

そしてアンナは俺を
避ける様に通り過ぎ、去っていく。

ええええええええええええええ!
え???ヤバイ!
てか俺、何言ってんだ?
恥ず過ぎるっ!!
冷静になって考えてみると、
なんで自分でもそんなことを
アンナに聞いたのか分からない・・・

・・・でも、アンナって
嫌そうな顔しても
やっぱりカワイイな・・・

キモっっっっっ・・・
キモっっっ・・・
キモっ・・・・
冷たい目のアンナが発した言葉が
俺の頭の中でリフレインする。

・・・うん、悪くない・・・

f:id:peraichikun:20181106021008j:plain


キモイとなじられて喜ぶ俺は
やっぱり変態なのかもしれない。