ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

ライバル宣言

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain  f:id:peraichikun:20181025004750j:plain

 

最近、タクマの様子がどうもおかしい。
この前、行ったカラオケくらい
からだろうか・・・。
もしかして、タクマは
アンナのことが
好きなんじゃないだろうか。
俺の恋の相談に乗るフリをして・・・
もしそうだとしたら・・・
俺はそのことを考えると
夜も眠れなくなった。
最近は朝方までずっと一人で
悶々としていて寝不足が続いている。

「タクマ、ちょっといい?」
「んあ?」

バイトの休憩中、俺は思い切って、
ゴミ捨て場がある裏口に
タクマを呼び出した。

「どうしたんスか?急に」

「おまえさぁ・・・
 アンナのことどう思ってる?」

「え・・・?どういうことスか?」

タクマは笑っているが、
明らかに動揺しているように見える。
どんな時も飄々としている
タクマらしくない。
 
「いや、おまえもアンナのこと
好きなんじゃないかなぁ、って。」

「・・・」

タクマは黙っている。
やっぱりそうなのか・・・
今まで俺の恋を応援してくれてると
思っていたけど、タクマも
アンナのことが好きなら
話は違ってくる。
ここはタクマの気持ちをハッキリ
聞いとかなきゃいけない。

でも聞きたくないなぁ・・・。

俺はわざとごまかしたように笑う。

f:id:peraichikun:20181113074051j:plain


「なんだよ~!好きなら好きで
 いいんだからさ~。
 ハッキリ言えばいいじゃん!」

するとしばらく黙っていたタクマが
口を開く。

「まぁ・・・ちょっと・・・」

「え?ちょっと?」

「ちょっと好きっぽい」

「おい!ハッキリしろよ!」

「いや・・・最初は俺も自分が
 信じられなかったんですけど、
 万一にでもアンナが
 ぺらいっちにとられると思うと
 嫌なんス」

「は?」

「正直、俺も、まだ好きなのか
 分からないんス。

 でもぺらいっちにはとられたくない。
 それは確かです。」

「なんだよそれ・・・」

タクマの表情は至って真剣だ・・・。

「恋は競争相手がいるほど
 燃えるって言いますしね。
 ライバル作戦ってことで。
 ぺらいっちも俺もライバルができて、
 ウィンウィンじゃないスか?」

タクマは、今までの恋愛の経験から、
恋のライバルがいる時と、
いない時では、成功率が
全然違うということを力説している。

でも俺の耳には全然入ってこない。

なんだよ・・・
協力者だと思ってたのに・・・
なにが恋愛マスターだよ!!!

「じゃぁ、そういうことで!」

そう言って、タクマは足早に去っていった。