ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

走り回る2人

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain  f:id:peraichikun:20181025004750j:plain


バイトの演劇フリーター、ヒロセ。
俳優を目指して
舞台活動をしている25歳。

ヒロセは、バイト中、
発声練習をしているのかと思うほど、
声がでかく、
(実際、発声練習の
 意味もあるらしい・・・)
無駄にテンションが高い。

さらに、ヒロセは
ホール担当なのだが、
キッチンのバイトに
ちょくちょくチョッカイを出しては、
キャッキャッと子供のように喜ぶ。

そのヒロセの得意技が、
キッチンで調理しているバイトに
背後から近づき、
ズボンの上からお尻に、
消毒用のアルコールスプレーを
大量にかけるというもの。

これをやられた相手は、
お尻がとてつもなく冷たく、
大量のアルコールは中々蒸発しないため、
長時間、お尻が極寒にさらされる。

ただでさえ、うちの店のキッチン内は、
換気のため外気を直接いれており、
この季節は凍えているのに・・・

シュッシュッシュッ

その日は、俺がヒロセの餌食に・・・。
お尻に冷たさを感じたときには
もう遅い。
後ろには、ニヤッと笑うヒロセが。

しかし、俺も負けじと
アルコールスプレーを手に取り、
応戦する。

「このヤロ!ちょっと待ていっ!!」

キャッキャッとキッチン内を
逃げ回るヒロセ。
俺も必死で追いかける。

その様子を見ていた大学生トミーが
苦笑いで一言。

「オッサン2人でなにしてんすか・・・」

なるほど、大学生のトミーから見れば、
30歳オーバーの俺はもちろん、
25歳のヒロセまでも
もう立派なオッサンなんだよな・・・

2人のオッサンは、
静かにアルコールスプレーを置いた。


f:id:peraichikun:20181116023356j:plain