ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

初デートと言っていいんでしょうか?

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain  f:id:peraichikun:20181025004750j:plain


今日は、待ちに待ったアンナとの初デート。
まぁ、服を選んでもらうだけだけど。

いや、ショッピングも立派なデートだ!

f:id:peraichikun:20181116231626j:plain



アンナの学校が終わる夕方に
水道橋で待ち合わせをする。

「お待たせしました~」

「おつかれー。わざわざ、ありがとね。」

アンナが、自然と、東京ドームシティに
向かって歩き出すので、並んで着いていく。

「普段、どんなところで服買ってるんですか?」

「え?あ~結構テキトーに」

「え?この前のおそ松くんTシャツは?」

「・・・あれは、ラクーア

俺は、東京ドームに隣接している
融合商業施設ラクーアを指さす。

「今日は、どこらへんで買いたいですか?」

「いや、お任せするよ」

でもなんか高いブランドの店とかに
連れていかれたらどうしよう。
正直、そんなお金ないしな・・・
でも、安いのが良い
なんて言えないし・・・

「でも高いのムリですよね?」

「え?」

「池袋にしましょう!近いし。GUあるんで」

あんま素直に喜べないけど、
助かった~~

でも、GUなら俺も行くことあるし、
今までとさほど
変わらないんじゃないかな・・・

そして、池袋のGUに到着。
平日だからか、そんなに人がいない。

あ、この前買おうか悩んだ服だ・・・

すると、俺が手に取った服を見て
アンナが悲鳴をあげる。

「え?ちょっと待って!!なにそれ~!!」

「え?」

「くっそダサいっ。
 ちょっとこっち向いてください」

すると、アンナはスマホを取り出し、俺の写真を撮り始める。

パシャ!パシャ!

「ぺらいちさんは、
 胸板がぺらっぺらだから、

 首元が隠れるほうがいいですよ」


f:id:peraichikun:20181116235735j:plain


え・・・面と向かって言われると
ショック・・・
アンナはタートルネックを取り出し、
俺の体に当てる。

「あぁ、やっぱいいですね。
 意外と、シックな感じが
 似合うと思うんですよね~」

そして次々にアンナは服を選んできては、
俺の体にあてていく。

「これ!!チェスターコート!!」

アンナは持ってきたコートと
タートルネックと合わせる。

「いい!!絶対いい!!

 なんか別人みたいですよ!」

「ほんとに?」

同じGUでも、選ぶ服、
組み合わせによって、オシャレに
見えるんだなぁ・・・

すると、アンナはまたパシャパシャと
俺の全身写真を撮り始める。

パシャ!パシャ!

「ちょ、どんだけ撮るんだよ~」

「いいじゃないですか~」

「やめろよ~」

「アハハハ」

f:id:peraichikun:20181117000423j:plain


うわぁ・・・なんかこれ、
なんかすごい幸せだ・・・
しばしの間、海辺のカップルの如く
イチャイチャタイムを味わった俺は
正気に戻る。
そうだ、お礼。

「今日はありがとね」

パシャ。

「あ、全然いいですよ。
 私、人の服選ぶの好きなんで」


パシャ。

アンナは、相変わらず、
俺の体をクルクル回しながら、
全身の写真を何枚も撮っている。
なんか照れてきた・・・。

「おいおい、
 そんなに撮ってどうするの~?」


パシャ。
アンナは屈託のない笑顔で言う。

「いや、私今度、学校で、
 ダサい人を変身させるっていう課題

 出てるんですよ~。
 それに使わせてもらいたいなって」

あ、そうなんだ・・・
でも・・・なんか
それでも全然いい・・・

「え?ダメですか?」

「え!全然いいよ!!!」

俺は親指を立て、ニッと笑う。

f:id:peraichikun:20181117001059j:plain


「あ、ちょっと動かないで」

「あ、は~い」