ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

無理してでも

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain  f:id:peraichikun:20181025004750j:plain


今日はバイトが早番で
夕方に上がれることになっている。
丁度アンナも今日は夕方で上がる。

どっか行こうって誘いたいな・・・。

この前、服を選んでもらった時も、
お茶でもしようと思ったんだけど、
アンナ、用事があって
急いでいる風だったから、
結局、そのまま別れちゃったし・・・

でもなぁ、断られたらショックだなぁ・・・

そうこうしているうちにアンナは
着替えをすませて帰ろうとしている。

すると、店の入り口に人影が。

「アンナー!一緒に帰ろうよ!」

タクマ?なんで?今日は出勤じゃないのに。

「丁度授業終わってヒマだったからさ。
 今日早番でしょ?これからなんかあんの?」

「えー。別にないけど。」

「じゃ、いいじゃーん。
 ドームシティで遊んで行く?」

f:id:peraichikun:20181119120907j:plain


タクマが恋のライバル宣言をしてからというもの、
明らかにアンナへのアタックがものすごい。
事あるごとにアンナに話しかけ、軽妙なトークで笑わせている。
でもまさか、待ち伏せまでするとは・・・

年も近いから話も合うんだろうな。
アンナもまんざらでもなさそうだし・・・。
いやいや、ダメだ。
このままだと完全に置いてけぼりにされて
この恋の競争から脱落してしまう。

「俺もいーれてっ」

俺は気まずさと恥ずかしさをごまかすために、
わざと甘えた声で必死に割り込んでいく。

「えっ、キモっ!」

う・・・
いつもながらのアンナの毒舌だ。
しかし勇気を振り絞ったかいもあり、
3人でドームシティで遊ぶことになった。
しばらく歩いていると、
アンナがいきなり叫ぶ。

「これ乗ろうよ!」

目の前にそびえたつタワー。
その頂上からワイヤーで吊るされた
パラシュートのような形の
ゴンドラが上り下りしている。

その名も「スカイフラワー」。
アンナはこういうのが好きらしい。
大体女の子ってこういうの好きなんだよな・・・。
俺は昔から絶叫系はもちろん、
高所恐怖症で、
こういうアトラクションが大の苦手だ。

「いいよー」

タクマも全然平気そうだ。
くそぉ、俺は一人で地上に残り、
二人が乗るのを見ていようか・・・。
いやいや、ここで男を見せなくてどうする俺。

f:id:peraichikun:20180924024807j:plain


「うわぁ~!おもしろそぉ~!」

俺はムリヤリ明るい声を絞り出すが
声が震えてしまっている・・・

係員の案内に従って、ゴンドラに乗ると、
合図とともに、急上昇を始める。

こえぇぇぇぇえええええええ!!!!

あまりの高さに足が震えてしまう。

「うわ~すごい景色ぃ~~ほら見て!」

アンナはとても楽しそうだ。
だが俺はそれどころじゃない。
落ちる!ゴンドラの柵が低すぎて落ちそう!
俺は怖すぎて思わず目をつぶってしまう。
だめだ、なんとかカッコつけないと。
でも目は開けられない。開けたら死ぬ。

「ヤバーイ!!この景色ヤバイね!」

俺は目をつぶったまま、
恐怖を振り払うように、
なんとか大声で叫ぶ。

その後、何度か上昇と下降を繰り返し、
ゴンドラは地上に戻っていく。。

・・・ふぅ、なんとか生還できた。

「わ~~楽しかったぁ~」

ゴンドラから降りた後も、
アンナははしゃいでいる。
その後ろからタクマも
ゆっくりと歩いてくる。

「ねぇ!もう一回乗ろうよ!」

え!!・・・・もうさすがに無理。
しかし、アンナは
もう一度乗る気マンマンだ。
その時、いきなり横から
タクマが出てきてアンナを制する。

「いや!もういいでしょこれは!」

よく見ると、タクマの顔面は青白く、
足もガタガタ震えている。
そういえば、途中から
何も喋らなくなってたような・・・。

タクマ・・・
まさかおまえも無理してたとは・・・

f:id:peraichikun:20181119121045j:plain