ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

俺なんだけど・・・

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain  f:id:peraichikun:20181025004750j:plain


アンナと夜景を見ながらの食事は、
最高だったなぁ・・・。
その日の夜は嬉しすぎて
眠れなかったほどだ。
次はいつデートできんのかな~

そんなことを考えながら
バイト先に出勤すると、
店長に後ろから声をかけられる。

「ちょっと!なにデレっとしてんの?!
 準備間に合わないよ!」

「あ、すみませ~ん」

今日もお店は大忙しだ。
東京ドーム周辺には、大企業のビルも多く、
うちの店も、ランチタイムは、一気に
サラリーマンたちが押し寄せる。

季節によってメニューが変わるのだが、
今は、うどんが人気。
うどんは茹でるのに時間がかかる。
しかし、うどんを担当しているトミーが
トロトロしているので、
うどんが中々出てこず、
お客さんから大量の請求がきてしまった。
俺は思わず、トミーに向かって叫ぶ。

 

f:id:peraichikun:20181123110626j:plain


「おい!トミー!ランチは、
 注文きてからじゃ遅いから、
 前もってたくさん、うどん茹でとけよ!」

「あっ、すみませんっ!」

それでもトミーはうろたえるばかりで、
中々出てこないうどん。
俺はイライラして、思わずトミーにどけ!と
言わんばかりの勢いで
「おれがやるから!」と、
うどんを大量に茹でる。

しかし、なぜかその後
すぐに客足がパタッと止んでしまい・・・

残された大量の茹でられたうどん。

しかも運悪く、店長がそこを通りかかる。

「おい!なんで
 こんなにうどんが余ってんだよ!!!」


うどん担当のトミーが怒られている。

「いや、ぺらいちさんが・・・」

数分前にイライラして偉そうに言った
自分がいるので、
正直恥ずかしい感じになったが、
仕方ない、素直に謝ろう・・・。

「すみま・・・」

すると、店長が
トミーをものすごい剣幕で怒りだす。

「なに、人のせいにしてんだよ!!!」

「ひぃっ!!」

店長の猛烈な勢いに悲鳴をあげるトミー。
いや、俺なんだけどな・・・
でも、一度言い出す
タイミングを逃すと言いづらいな・・・

「あ、いや、俺が・・・」

「うどんの担当はトミー、お前だろ!!!」

「はい・・・」

うう・・・白状しようにも、
店長が怒り狂ってて、
割って入れない・・・

f:id:peraichikun:20181123110801j:plain


ごめん、トミー・・・
あとでアイス買ってあげるから・・・