ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

5日前

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain  f:id:peraichikun:20181025004750j:plain


年甲斐もなく落ち込んだ。
久々に見つけた恋・・・
もうどうしようもなく
恥ずかしくて、辛くて・・・
この気持ちを整理するのに
時間がかかった。

5日前、アンナの誕生日会で
アンナがバイトを
辞めると聞いたとき、
突然のショックと同時に、
辞めることを
知らされていなかったことに
とても動揺した・・・
なんで言ってくれなかったんだろう。
言おうと思えば、
いつでも言えるはずだったのに・・・
結局、俺はアンナにとって
その程度の存在だったんだな・・・

f:id:peraichikun:20181205015757j:plain

なんだか胸にポッカリ穴が
開いたような感じだった。

そして、アンナの誕生日の翌日、
アンナの最後の出勤の日、
バイトをやめていくアンナに
俺はどうしても
プレゼントを渡したかった。

その日は、平日なのに、
東京ドームで
「スーパージュニア―」とかいう
韓国のアーティストのライブがあって、
お店も結構、混んでいた・・・。
別に韓流を否定する気はないけど、
今日ばかりは韓流アイドルを恨んだ。
誰だよスーパージュニアって。
どうでもいいよ!

最後なのに・・・
最後なのにぃぃぃぃぃ!!!!!
全然アンナと話せない・・・

f:id:peraichikun:20181205015900j:plain


その日は、結局、忙しさに追われ、
アンナと休憩時間もかぶることもなく、
ほとんど話しもできなかった。
だから休憩中、
ダメもとで、LINEを送ってみる。

『今日終わったら
 二人で飲みに行かない?』

・・・・・
チラチラとLINEを開いて、
既読がついてから、
返信がしばらく来ない間、
心臓が破裂しそうだった。

『ちょっと用事があって・・・』

えっ、そ、そんな・・・・。
あっ、でも、ここで、
引き下がってはダメだ・・・!

『渡したいものがあって、
 ちょっとでいいんだけど・・・』

『わかりました!』

おっしゃ!!!
チャンスだ。
最後のチャンス。

『じゃぁ、終わったら、
 スカイフラワーのとこで』

バイトが終わったのは、夜11時30分頃。
アンナの終電まで1時間もない・・・
ドームシティのイルミネーションは
もうクリスマス仕様だ・・・
そうか、もうそんな時期か。
あ~、クリスマスを
アンナと過ごせれば!!

 

f:id:peraichikun:20181205020129j:plain


なんだか胸騒ぎがする。
アンナにプレゼントを渡して、
そして・・・
俺の気持ちも、伝えたい。
もう、最後かもしれんし・・・。

そういえば、タクマは、
もうプレゼント渡したんだろうか・・・
もし、もう渡して、
告白なんかしてたら・・・
そしてもう二人は付き合ってたりしたら
とてもサブいことになる・・・

「お待たせしましたっ!」

走ってきたアンナからは、
いい香りが漂っている。

「ごめんね。急に呼び出して。」

「渡したいものって、なんですか?」

「これ、誕生日プレゼント」

「え?! わ~~!
 ありがとうございます!!!」

「開けてみてや」

「え~?いいんですか?」

アンナの笑顔。
やっぱりかわいいな・・・

「え?!ジェラート・ピケ~!!!?」

「・・・もしかして、好きじゃない?」

「え~~!いや、
 らしくないっていうか、

 ぺらいちさん、なんか
 メルヘンチック~アハハ!」

くぅぅ。この笑顔が俺のものになれば・・・
けど!

「あの、オレ・・・アンナのこと好きじゃわ・・・」
「・・・・・え?」

f:id:peraichikun:20181205020332j:plain


「その・・・付き合ってほしい」

うわ~~~、言っちゃったよ。

死にそう・・・。

「え~~~?!ちょっと?!本気ですか?」

え・・・・・

「だめ、かな・・・?」

「私、彼氏いますよー!!」

f:id:peraichikun:20181205020404j:plain


うわぁ・・・・・
こ、声が出ない・・・

「だっ!!だよね~~!!!!
 タクマ?でしょ??」

裏返った声で必死に取り繕うので限界だ。

「タクマ?!!何言ってるんですか~!
 違いますよ~~!」

「え?ちがうの?」

「いや、普通のサラリーマンですよ。
 あ、そういえば、
 ぺらいちさんと同い年?かな~」

「え??」

f:id:peraichikun:20181205020706j:plain

同い年・・・まじかよ・・・。

「それで、彼が
 海外勤務になりそうなんで、
 結婚して一緒に行くんですよ~!
 それもあって、バイト辞めよって」

うへぇ・・・
結婚、海外勤務・・・
しかも俺と同い年。
そりゃ、俺なんて眼中にないよな・・・
ううう・・・

「そうなんだ!!
 まぁ!さ!!!ね!!また二人で飲もうよ!」

「ハハ!だから~
 海外行っちゃうんですって~」

うわ~そうだよ・・・
何言ってんだ俺。

f:id:peraichikun:20181205020828j:plain


もう、消えてしまいたい・・・

告白なんて、しなけりゃ良かった・・・・・・

もうここにいるのが辛い・・・

「じゃあ・・・終電でしょ?
 あ!!!それは、嫌だったら、
 捨ててくれていいからね!!」

「アハハ~!わかりましたっ!
 じゃぁ・・・」

「うん、元気で・・・」

クリスマスまで1か月。
東京ドームのイルミネーションが
キラキラと輝いている。

♪きっと君は来ない~
一人きりのクリスマス・イブ~

俺の頭の中では、
山下達郎の「クリスマス・イブ」が流れていた・・・

f:id:peraichikun:20181205021253j:plain