ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

敏感なタカコさん2~ずっと〇〇な人~

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain f:id:peraichikun:20181025004750j:plain


「イグサだわ~」

また、タカコさんだ・・・
あれからタカコさんは、俺に会うたびに
イグサイグサを連呼する。
人の匂いを嗅いでイグサイグサって、
いい加減にしてほしい。

「もうずっとそれ言うの、やめてくださいよ~!
 タカコさんが匂いに
 敏感過ぎなんですって~!」

すると、タカコさんは、
すぐさま応戦してくる。

「でも、心理学的には
『人の印象を決定づける一番の要因が匂い』
 っていうくらいなのよ!」

「ホントですかぁ??」

「山中教授が言ってたわよ」

「山中教授って、iPS細胞の?」

「そうそう。教授によると、
 見た目や性格は二の次なんだってよ」

「へ~・・・」

しまった・・・
火を付けてしまったかもしれない。
タカコさんは、腕を組みながら、
なおも俺に説明する。

「人って、一度でも「臭い人」って認識したら、
 その人見るたびに脳が自動的に
「臭い」って記憶を
 呼び起こすようになってるんだって!」

「は~・・・」

「つまり!『臭い』って印象を
 一度与えたアナタは、
 ずっと『臭い』人なのよ!!」

f:id:peraichikun:20181228022240j:plain


ドヤられたーーー・・・!!!
そんなぁ。ずっと臭い人なんて・・・
くそぉ・・・
でも、匂いがそんなに、
人の印象を左右しているとは・・・

もう少し、気を付けなければ、
女の子に嫌われる・・・?!
そう思うと、なんだかいつもより気になってきた。
クンクン。
うわ~。やっぱ俺ちょっと臭い・・・かも?

もしかして洗濯物を部屋干ししてたからなぁ・・・