ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

散歩で行きついた先は・・・

f:id:peraichikun:20181025004735j:plain f:id:peraichikun:20181025004750j:plain




ピンポーン・・・
朝8時に家のチャイムが鳴った。
もぉー、誰だ、こんな時間に。
今日のバイトは昼からだから、ゆっくり寝ようと思ってたのに・・・
「はい・・・」
寝癖ボサボサのまま、ドアを開けると、
マスクをした大家さんが。

f:id:peraichikun:20190104005909j:plain

「オノ君、ゲホッ、ゲホッ、あけましておめでとう」
「あ、おめでとうございます」
どうやら大家さんは、
風邪を引いて寝正月だったようで、
ゲンの散歩を代わりに行って欲しいという事らしい。
「あ~いいですよ」

まぁ、その辺ちょっと回って帰ってくればいいか・・・
寝巻のスウェット上下のまま、ゲンを迎えに行くと、
ゲンはもうスタンバイ万全という風に、
ハァハァしている。
そして、俺がリードを持つと、突然、勢いよく走りだす。
「おっ・・・!!」
こりゃ、相当ストレス溜まってたんだな・・・
まぁ、ゲンの行きたいとこ行かせてやるか。

家の周辺を散歩する予定が、
ゲンに行く方向を任せていると、
いつの間にかちょっと遠くまで来てしまった。
「そろそろ帰ろうよ~」
俺が方向を変えようとすると、ゲンはイヤイヤと言う風に、
リードを引っ張る。
「じゃぁ、もうちょっと行く?」
しかし、逆の方向に引っ張ってもゲンはイヤイヤしている。
「じゃぁコッチは?」
それでも相変わらずゲンはイヤイヤ。
結局、ゲンを中心に、
俺は360度回転している。
「もぉー、どっちに行きたいんだよ~~・・・」

途方に暮れているところ、
ふと先の方を見ると、少し先に、
『えんむすび』と書かれたピンクののぼりが立っている。
近くに神社があるらしい。
先日、初詣に行った東京大神宮も縁結びで有名って
言ってた・・・
ここもか・・・。
あの時引いたおみくじは小吉だった。
微妙な上に、波瀾の出会いとか書かれてたし。
よし・・・この際、
もう一回、チャレンジしてみるか。
俺は嫌がるゲンを引っ張り、神社に向かう。

f:id:peraichikun:20190104005950j:plain

 

小さな神社で、人もほとんどいない。
東京大神宮の時とは大違いだ。
これなら、ゆっくりおみくじも引ける。
手水で両手を清め、お賽銭を済ますと、
おみくじに直行。
今度こそ・・・今度こそ・・・・来いやぁ~~!!大っ吉!!!
と強い思いで引いたクジは、
まさかの大吉!!!

よっしゃぁーーー!!!
小吉から大吉へ!!
しかも、恋愛の欄には
『成就します』だって!
待ち人の欄も
『きます』だって!!!!
ヤッター!!!
でも・・・運勢てそんなにコロコロ変わるもんか?w


ゲンを連れて帰っていると、
ポメラニアンを連れたお婆ちゃんが。
「まぁ、かわいい柴犬ねぇ。お名前は?」
「ゲンです」
「まぁ、ゲンちゃんよしよし」

お婆ちゃんには悪いけど、
この人がもうちょっと若い人だったら、
犬つながりで恋愛発展なんてこと
もあったのになぁ。
まぁ・・・やっぱおみくじなんて気休めだよな。

ふと、ゲンを見ると、
しきりにポメラニアンと匂いを嗅ぎ合い、
鼻をチュッチュッとこすり合わせている。

まさか・・・



「じゃぁ」
「はい~またね~ゲンちゃん」

お婆ちゃんとサヨナラした後も、
ゲンは、ポメラニアンの方を振り返り、
気にしているようだ。

f:id:peraichikun:20190104010023j:plain

 

おやおや?
どうやら縁結びのご利益は、
ゲンにはあったのかも。